<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Search
Tags
Archives
Syndicate
Admin
 
数学の公式を身に付けるために
数学の勉強をする上で、公式を覚えて使えるようになることはとても重要である。ではそのためにどんな勉強をすれば良いであろうか?
あまり数学が得意でない生徒に見られるのは、公式の丸暗記をして終わりという勉強であるが、それだけではなかなか実戦で公式を使えるようにはならない。つまりほとんどの場合、公式の中で使われている文字に対して、具体的な数字や数式を代入することが要求されるのだが、このような操作は、ある程度要領が身に付いていないと難しい。だから公式を丸暗記することは良しとしても、「公式を実際に問題に当てはめて使う」という練習をさらに重ねなければ、公式は覚えたはずなのに、いつになっても問題解けるようにならないなあ、と悩みを抱くことになる。

さて表題についての一つの方法である。
本当に重要なのは問題を解くために公式が使えることなのだが、そのような力を付けたければ、まずは公式を何回も何回も(暗記は二の次として)使ってみるべきである。そのための問題としては、チャートや塾・予備校のテキストなど、特別なものを用意する必要はなく、検定済み教科書や傍用問題集に載っているのもので十分である。(なお暗記しようとしなくともこのような練習を繰り返す中で、公式は自然と頭に残るものなのだ。)そんな地道な練習を日々繰り返すことで、学力は向上してゆく。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit